包茎治療の特徴は?

包茎手術は本当に必要?

ドクター

下半身の悩みは男性にとっては、深刻な悩みです。肉体的な問題だけでなく、精神的にも影響が出ます。

男性としての自信を持てなかったり、女性に気後れしてしまうなど悩みは尽きません。そこで、手術の必要性について、ここでは考察してみましょう。

真性の場合は、性行為に支障が出るケースがありますので、専門医の診断を受けて手術にのぞむことがベストです。

真性包茎の手術は健康保険が適用されるので、費用面での負担が少なくすみます。

普通の仮性包茎の場合は、亀頭を露出させることが可能ですので手術の必要がありませんが、希望によって手術をすることも可能です(但し、保険外治療となります)。

包茎の種類

真性包茎

手術が必要なのは、真性包茎のケースです。皮が亀頭を包み込んでしまって、勃起状態となってもむけない症状のことです。

このケースでは、専門医に相談してみることをお勧めします。真性であれば、健康保険の適用対象となるので、比較的安い費用で手術を受けることができます。

カントン包茎

カントン包茎は、包皮をめくった状態のときにペニスの締め付けがきつく、血流が止まってしまうような状態のことです。これも必ず医者に相談することが必要です。

仮性包茎

一方、仮性包茎の場合は、勃起時には皮がむけて亀頭が露出しますので、性交渉などに特に問題が発生しませんので、手術の必要はそれほどありません。

ただし通常時は皮が常にかむった状態となり、不潔になりやすいので清潔を心がけることが大切です。

仮性包茎は心の持ちようであり、美容クリニックの宣伝に左右されずに、自己判断できるようなることを推奨します。

男性スタッフのみの専門クリニックがおすすめ

一般の泌尿器科では、医師にしても看護師にしても男性女性どちらもいます。包茎手術を受けようとするとき、気になるのは女性が多い看護師の対応です。

看護師自身は特に気にされないでしょうが、受ける側としては恥ずかしいですよね?

包茎専門クリニックはスタッフが男性のみで安心して手術を受けられます。

事前の準備はほとんど必要ない

ドクター

包茎手術を受ける時には、事前の準備はほとんど必要ありません。あえて言えば前日にお風呂などに入っておくぐらいでしょう。

クリニックによっては初めて訪れて、その場でカウンセリングを受けて、その後にすぐに手術を受けられるクリニックろもあります。体を清潔にすることだけ考えておきましょう。

包茎を恥ずかしがっても解決はできません

包茎を恥ずかしいと感じている方は、包茎手術を受けに行くのも恥ずかしいと感じてしまい、二の足を踏んでいる状態もあるはずです。

しかし、包茎にメリットはありませんので、コンプレックスになっているくらいなら、さっさと治してしまいましょう。

清潔さを保てなければニオイも発生してしまいますし、人と比べてしまい銭湯に行くのも恥ずかしいと感じてしまいます。

このように、包茎を気にしていると女性との出会いどころか日々の生活にもデメリットがあるので、その気持ちにけりをつけることをオススメします。

参考 大宮で包茎治療が受けられるおすすめクリニックは?大宮の包茎手術ガイド

包茎を放置する具体的リスクやデメリット

包茎である男性は、銭湯に気軽に行くことができない方が多いです。それは、亀頭が包皮に覆われている状態は男性にとっては恥ずかしいからです。

このままの状態で銭湯に行っても周囲の目ばかり気になってしまって、せっかくの銭湯を楽しむことができなくなってしまいます。

注意
この状態を男性が放置をしてしまうと、性交渉をする際にも弊害起きてしまいます。よって、それを防ぐためにも包茎手術をすることをお薦めします。

包茎であると自信が持てない理由

多くの男性がなぜ包茎であると自信が持てなくなるのかと言いますと、それは成人した男性の亀頭は包皮が被っていない状態であることが当たり前だという認識をしているからです。

逆に子供の頃は、亀頭はまだ包皮に覆われている状態です。そこで成人した男性がまだ亀頭が包皮に覆われていると幼稚に見えてしまいます。

だから、成人になってもまだ亀頭が包皮に覆われていたら恥ずかしくなってしまうわけです。それによって、多くの男性は包茎に対してコンプレックスを感じています。

特に20代から40代の男性にそうしたコンプレックスを持つ方が多いです。なお成人になってもまだ包茎の場合には、包茎を自分自身で改善することは中々難しいことから包茎手術をオススメします。

包茎のままでは衛生的リスクがあります

ずっと包茎のまま放置をしていると、衛生的リスクが増加します。どういったリスクが増加するのかですが、まずは亀頭が包皮に覆われている状態が長年続いてしまうと雑菌が増殖して不衛生な状態になってしまいます。

包皮が亀頭に覆われていると包皮の内側は湿った状態となり、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

注意
雑菌が増えてくると悪臭が発生します。亀頭が包皮から完全に露出すれば、入浴時に毎回亀頭部分を洗うことができますので雑菌が繁殖することは少なりますので、それによって悪臭が発生しなくなります。

また、雑菌が増えることで性病に罹るリスクも増えます。

包茎手術が絶対に必要な包茎のタイプ

包茎には、真性タイプとカントンタイプ、そして仮性タイプの3つのタイプの包茎があります。このうち、仮性タイプの包茎以外は絶対に包茎手術が必要となります。

それは、衛生的リスクだけでなく勃起時の対する痛みを取り除く意味でも包茎手術が必要になります。

なお、仮性タイプの包茎は原則的に手術はいりません。それは、仮性タイプの包茎は包皮を自分自身で剥いて亀頭を露出させることができますので、衛生的リスクはありませんし、勃起時に痛みを伴うことがないことからこの手術は必要ありません。

しかし、真性タイプとカントンタイプの場合には放置しておくと様々な弊害が起こってきますので、一刻も早く包茎手術が必要となります。

包茎は男性にとってコンプレックスを感じることが多いですが、それだけでなく包茎である状態を放置しておくと様々な弊害が起こることもありますので、成人した男性が包茎状態のままならば包茎手術での改善がオススメです。

切らない包茎手術はおすすめできない?

過去友人が病院に通わずに、自力で仮性包茎を直したと聞いたことがあります。

包茎の方は一般的にカリの部分が細いかたが多いですが、その友人の亀頭はカリが大きく、付け根の”クビレ”もはっきりありました。(見せてもらいましたが確かにクビレがはっきりありました)

亀頭に皮かぶったらむくように少し気をつけてたら自然とずっとむけるようになった、とのことでした。

仮性包茎の私も試してみましたが、そもそも”クビレ”がないためすぐに被ってしまいます。

クビレの代わりなる矯正器具が販売されていることを知りましたが、当時私はお金も勇気もなかったため、輪ゴムやヘアゴムなどを代用してみましたが、無駄な努力となってしまいました。